<< 楽しい時間 またまたグラノーラ >>

柑橘の香り

b0295788_13483636.jpg

色々な種類の柑橘が手に入るこの季節は、柑橘類が好きな私は一人ワクワクしています。

レモンとカボスを使ってシロップを作りました。といっても、簡単なものですが…
今回はコクを出したかったので、グラニュー糖にハチミツも加えました。

柑橘類の香りには『気』を巡らせる働きがあるります。
なので、柑橘類の香りを好む方は『気』の巡りが悪く、滞っている状態であることが多いと言われています。
完全に気が滞ってますね、私(笑)

この『気』が滞った状態を中国医学では“気滞”(きたい)と言います。

ストレスがたまりやすい、情緒が不安定になり、イライラ、憂うつになったり、胸やノドがつかえる、脇腹が張るなどが症状として出やすくなります。

柑橘類の他にもミツバやパクチー、シソ、バジル、セロリなどの香りの野菜、ジャスミンティーやローズティーなど香りの良いお茶なども滞った『気』を巡らせてくれる働きがあります。

『気』が滞っている私は、香りのものをしっかりとって気を巡らせたいと思います。











[PR]
by hygge_info1031 | 2015-11-14 13:51 | 薬膳のこと | Comments(1)
Commented by みゅう at 2015-12-04 17:36 x
なるほど!私も柑橘の香りを求めます。
気が滞っているのですね^^;
知らず知らずにたまっちゃうストレスが憎らしいですが
巡らせなくちゃですね。
<< 楽しい時間 またまたグラノーラ >>